皇后長歌|西宮で塾をお探しならベテランの講師陣が個別指導を行うネスコム西宮北口にお任せ下さい

ネスコム西宮北口
  • TEL:0798-67-2896

    受付時間|9:00~21:30

    定休日|年末年始のみ

  • 24時間受付中

    • お問い合わせフォーム
    • WEB予約

塾長ブログ

皇后長歌

塾長ブログ2017.05.30

皇后長歌

二月二十三日浩宮の加冠の儀 とどこほりなく終りて

 

いのち得て かの如月の夕しも この世に生れし みどりごの 二十年を経て今ここに 初に冠る 浅黄なる 童の服に童かむる 空頂黒幘(さく) そのかざし 解き放たれて新たなる 黒き冠 頂に しかとし置かれ白き懸(かけ)緒(お)かむりを降(さが)り 若き頬 伝ひつたへて顎の下 堅く結ばれ その白き 懸緒の余り 音さやに さやに絶たれぬ はたとせを 過ぎし日となし 幼日を 過去とは為して 心ただに 清らに明かくこの日より たどり歩まむ 御祖(みおや)みな 歩み給ひし 真直なる 大きなる道 成年の 皇子(あこ)とし生くるこの道に今し 立たす吾子(わこ)やは

反歌

音さやに懸緒截られし子のたてばはろけく遠しかの如月は