小学生の保護者の方へ ~算数について~|西宮で塾をお探しならベテランの講師陣が個別指導を行うネスコム西宮北口にお任せ下さい

ネスコム西宮北口
  • TEL:0798-67-2896

    受付時間|9:00~21:30

    定休日|年末年始のみ

  • 24時間受付中

    • お問い合わせフォーム
    • WEB予約

お知らせ

小学生の保護者の方へ ~算数について~

お知らせ2018.02.01

算数をただ計算したり面積を求めたりの科目と思っておられませんか。
算数、特に中学受験の算数が出来るようになるという事は素晴らしいことです。
勉強の仕方が身につき、中学以降の英語もできるようになる土台が出きたという事です。もう少し大げさに言えば社会に出ての仕事も出来るようになったという事です。
算数は問題を解く能力を磨く学科です。
算数は自分の言葉で問題を解く学科です。
先生の解き方をノートにきれいに写したって解けるようにはなりません。
問題というのはこの先の人生で何度も出くわします。安倍首相にしたってこの少子高齢化で老人ばかり増える日本をどうしたらよいのかいつも考えている筈です。
当然首相や指導層の考える力が弱ければ、国民全体として悲しい方向に進みます。第二次大戦の前の日本がそうであったように。

そして算数はライティングマシーン(書く機械)にならなければ決して学力はつきません。
書く機械つまり問題を見たら表や図を描くのです。
その訓練にはもっと小さい時に地図を見て色んな図表に慣れることが役に立つと思います。
私の右の中指は作家でもないのにペンダコが出来ています。これは小6の時に灘中の受験勉強をし灘中1年の時に薄いノートブック50冊を使い中1英語を繰り返し勉強した結果です。
よく家の近所の文房具屋さんの小母ちゃんが「またノートを買いにきたの」と苦笑いしていました。

次に答えの見直しの必要です。人間は神様ではありません。必ずミスをします。見直しが大事です。
西洋の諺に「人はあやまつ 神はこれを許す」というのがあります。いつも生徒に言っています。
普通の生徒は見直しません。見直す生徒はよくできる生徒です。
次に計算用紙の使い方も大事 どこで計算したのか分からない生徒は算数が出来る訳がありません。

計算力

とにかくどの子も目標が高い割には計算力が足りません。
かけ算の結果は、暗記しておくべきものです
特に12×15や17×17
累乗 2,4,8,16,32,64,128,256
3,9,27,81
5,25,125,625 など

見ただけ計算の能力アップ

次に18×45などを見ただけで 9×90として810 とする頭 36×0.75を27と見る計算力。

分数の計算

20年ほど前にものすごく賢い小2の男子が当塾に入塾してきました。
本当に賢く2年生で5年生の国語の問題を苦もなく解きました。
その彼が言うには「分数は他の数と全然違うな」というのです。
目から鱗が落ちるようにこの言葉にはびっくりしました。
2年生でこんなことに気付くとはすごいの一語です。
彼の言うように分数というのは異種の数字です。
世の中では分数はほとんどいりません。十進法の整数と小数で済みます。
しかしこの分数を使いこなせないと中学入試には勝てないのです。
小数を分数に直す訓練は欠かせません。分数で考える訓練も欠かせません。

先ほどの地図での勉強、世界地図を隅から隅まで見たり、日本地図を書くのは高学年の算数の勉強の基礎になります。